手汗を病院で治療した場合の費用

方策汗を医者で治療する案件、いくつか計画があります。手当てによって間や代価など異なりますので、自分勝手を見付けることが重要です。

 

マキシマム有名な手当てとしては、ボトックス注射があります。ボツリヌスバイ菌を患部に注射し、汗の分泌を抑える計画です。主に美容外科で行われている処理ですが、素肌科でも対応している面もあります。

 

脇は保険適用されますが、手の平へのボトックス注射は保険適用外になりますので、代価に関しては1回の処理で5〜15万と医者により異なってきます。一度の注射で3〜半年ほど結末が持続しますので、世代に2〜3回は処理を行う必要があり、高額な治療費がかかります。

 

イオントフォレーシスという水に電気を流す診察については、主に素肌科で行っている処理で保険が適用されます。3割負担の結果1回の処理で800〜1500円平均になりますので、手軽に出来る診察になります。ただ結末が持続する間が少ない結果、1〜2週にひと度処理を行う義務がります。

 

最後にETSという手術で神経切除をする手当てです。こちらも保険適用はされますが、3割負担で10万頃と高額になります。一度の処理で完治する可能性も高いですが、反動もあるので注意が必要になります

 

ファリネ,病院,治療