手術で手汗を改善

手掌多汗症は、交感神経(昼の没頭中に働く訳の多い自律怒り系ですね)が敏感すぎることが原因で起きているとされています。ちょっとした事で緊張状態になって、中位より多い汗を出してしまうでしょう。ですので、手掌多汗症の執刀では、この交感神経の効果を遮断する目的で切除執刀を行います。

 

交感神経(活発に働いていると、脈搏?が増加し、筋肉が緊張して、身体が戦闘出方に入ります)切除執刀には、「腔鏡後胸部交感神経遮断手法」と言う難しそうな冠が付いていますが、特に難易度がおっきい執刀ではなく、また、大規模な執刀でもないのです。そして、執刀は手の内に行うのではなく、執刀その冠流れ、胸の執刀です。脇の下にあけた4〜5mmの落とし穴から胸(あまりにも張りすぎると、変になってしまいます)部交感神経を牝で焼き切るという戦略が現在では一般的に行われています。

 

胸(昔から心はここにあると考えられてきました)の執刀といっても、執刀時間はおおよそ30当たり程度で済み、入院することなく今日帰郷できるケースも多いようです。執刀跡も多く目立たないでしょう。しかし、この執刀にはリアクションもあります。

 

当然ですが、人によって大きく個人差があり、執刀を受けた個々皆にリアクション(効き目が強けれね力強いほど、ある程度の腹積もりが必要となります)が出るわけではないのです。腹心の発汗を抑えることはできるのですが、その代わりに別の要所からの発汗が増える「代償性発汗」と言うのが第はじめのリアクションです。背中や胸の下に様子(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が多数あらわれるかもしれません。

 

そのほかにも、頭痛(安易に頭痛薬に頼りすぎるのはよくありません。ルーティンや体の狂いなどを改善することで起こらなくなる場合もあります)やのどの渇きといった様子も多く報告されているようです。いずれにしても、ひと度焼き切ってしまった交感神経(昼の没頭中に働く訳の多い自律怒り系ですね)は元には戻せませんし、その後に起こるリアクションについても、事前に確実に把握できるわけではありませんから、執刀は最終的な手段として考えたほうがいいでしょうね。