手汗の原因を知ること

作戦汗の原因は、自律怒りの狂いといわれています。

 

自律怒りとは、重要ゲットに関わる重要な怒りで、回転箱・息吹箱・消化箱などの行動を調整しています。自律怒りには、体の行動時や非女の子に活発になる交感神経と安静時や夜に活発になる副交感神経の2つがあります。

 

 

自律怒りは24時間休みなく働き続けている怒りで、交感神経と副交感神経の分散を保てている間は正常ですが、この分散が乱れると体の五臓六腑にさまざまな病態をきたします。
自律怒りの狂い

 

 

自律怒りが乱れることにより、過度なストレスに陥って作戦に大量の汗をかくのがその体制です。

 

自律怒りが乱れる理由は次のようなものが上げられます。

 

・攻撃
・重圧
・苦しみ

 

過度な攻撃や重圧を続くと、自律怒りが分散を失い、作戦に汗をかいてしまします。

 

また、過去に受けたトラウマが原因であることもあります。

 

作戦に汗をかくことを異常に気にしすぎる人間もいます。
気にすれば気にするほど、汗が勝手にでてきてしまうのです。
意識しないようにすればすむことなのですが、それがなんだかできないのが作戦汗の苦しみに根源です。

 

 

作戦汗の不調が改善しない場合は、多汗症検査の専門医に相談して、適切な検査をしてもらった方が良いでしょう。

 

作戦汗というのは、なんだか他の人には確信されないのがつらいですよね。ただ作戦に汗をかきやすいだけと思っている人も多いでしょうが、汗とは思えないほどぐっしょり濡れるケースも数多く、これらの不調を平手多汗症と呼びます。多汗症は元来とか体質とか遺伝と思い込んでいる人間も速く無いようです。

 

しかし、実際には平手多汗症は病の内なのです。そして、一般的には精神的な重圧がわけとされるケースが多く、平手多汗症の人間でも寝ている折やリラックスしている間は不調が出ないという人間が主としてなのです。作戦汗をかく人間は、自分自身がその事を自覚しており、自覚というよりは丁寧に受け止めすぎているケースが多いようです。ちょっとした重圧で作戦に汗をかき、常に手のひらがじんわりと湿っているので人間と触れるのが怖いと感じたりします。

 

ですから、握手しなければならない状況になるとますます重圧が高まり、汗の分量も増えてしまうという手詰まりに陥ってしまいます。その後も、相手に違和感を与えたのではないかと必要以上に考え込み、それが更に病状激化へと繋がるケースもあるようです。重圧というのは誰にでもあることで、それによって汗をかく人間も少なくありません。ですが、交感神経に何らかの故障が起きて過敏に機能しすぎる人間は、その汗の分量が異常に多くなってしまうのです。また、平手多汗症には不調の次元によって据置が1〜3まで設定されていますから、自分の据置を知ることも鍵でしょう。